上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2016/12/31

父の死

それは12月23日の朝突然やってきた。妻が実家の父が亡くなり通夜の準備で行っていたため、私が父の朝食の準備をしていた。母が起きてきたので布団を上げようと部屋に入ると、父の様子がおかしい。呼んでも反応がない。慌てふためいてしまった。娘も駆けつけ呼び続けたが同じであった。
救急隊員が駆け付け心電計他装着したが明らかに死亡していた。当然搬送はしないことになり、その後警察による死体検案が行われた。病院の院長も駆けつけていただき、死亡時刻は前日の22時頃となった。
その日夜、父を風呂に入れた。いつも湯船につかると「ああ気持ちいい」と嬉しそうに言っていたが、その日は言わなかった。相当疲れているようであった。ひげをそってあげて体を洗い着替えて床に就いた。それが最後であった。
28日の葬儀には大勢の人々が会葬された。弔辞は当初2名の方から申し出があったが、当日更に2名の方からの申し出があった。父は長年教員をしていたのでその教え子が大勢いて、教員の仲間2名、教え子2名から頂いた。その中の印象的な一説を紹介する。「自宅から学校まで往復14キロの道のりを毎日歩き、私たちが山道で遊んでいる側を足早に通り過ぎていく先生の片手には、いつも名のない小さな花が咲いた草が一本握られていました。先生は遊んでいる私たち生徒を見て暖かいまなざしを投げかけるだけで、道草を食わないでとか、勉強しなさいとか、その他一切の説教もなく、また当然のことながらお褒めの言葉もなく、あたかも『一陣の風』のように追い越していかれました。何という不思議な軽快で一直線の姿だったことでしょう。俗世の名利、教師という高い地位とは無関係に生きるあたかも大人になった『風の又三郎』のような感じでした。・・・・」本当にあっという間にあの世に逝ってしまいました。
父は、植物・地学・気象・絵画・寺院など幅広くいろいろな事に興味を持ち自分の好きなことをすべてやりつくして旅だったと思います。幸せな人生だったと思います。
さて残された置き土産、『石、化石、本人が気に入っていたジャングルのような庭、また特に書物』これが莫大な量であり凡人の私としては果たして価値があるものなのか、今後どうかたずけて整理したらよいのか見当がつかずただ茫然としているところです。もうすぐ新しい年が訪れます。それから考えます。
お世話になった皆さんに、父に代わりお礼申し上げます。
pagetop
本日、NHKホールにて第60回町村議会議長全国大会が開催された。安倍総理大臣、大島衆議院議長、自民党二階幹事長、他多数の来賓が大会に花を添えた。来賓の先生方は公務多忙とのことで、紹介が終わると全員が退席された。
大会では町村から国への要望事項・決議が出席者全員の賛成で採択された。
また豪雪地帯対策の充実強化を国に要望する決議も採択された。現在我が国の50%の面積が豪雪地帯で、人口は15%だそうである。国土の半分を僅か15%の人々で雪と戦っている現状を提案者は切実と訴えた。我が富士見町も近年大雪に見舞われることがあり、その対応が大きな課題でもある。幹線は機械で除雪されるが、集落の細い生活道路はその地元で、対応することになっている。高齢化が著しい集落では、なかなか雪かきが間に合わず、毎年課題となっている。数年前の大雪では透析患者が治療に行けない事態となり、役場職員が長い距離を雪かきしたケースもある。これから厳しい冬に向かうわけで、町でも大きな課題といえる。大雪にならないことを祈るばかりである。
pagetop
本日9:30~臨時議会が開催された。上程議案は2議案。1号議案は補正予算の専決処分。そして2号議案が問題の地方創生推進交付金に関わる観光と農業のITアプリプロジェクト、予算である。
僅か2議案の審議・採決終了まで3時間を要した。地方議会で議員数議長含め11名の小議会としては異例の審議時間かと思う。
それもそのはず、2号議案に対する質疑が8名、そして議案に対する討論は10名全員が行った。
採決の結果、賛成3名、反対7名で否決された。9月定例会とまったく同じ結果であった。結果はともかく、全員の討論ということで、富士見町議会は、地方議会への逆風が吹き荒れる中で、自分としては誇れる議会であると今感じている。
さてこの結果については、注目度が高いことを承知しているので、「議会だより臨時号」を発行する。当然10名全員の討論内容をメインで掲載します。関係者の皆さん本当にお疲れさまでした。
私の一連のこの件に対するブログが町内はもちろん町外からも注目されていたことは承知しています。今振り返りますといささかエキサイティングになりすぎて不愉快な思いをさせたことがあったかもしれません。しかし私は誓って真実を述べたつもりでやましい点は一切ございません。
本日議会終了後、午後2時から「町政功労者表彰式」が行われました。町のために功績のあった方を表彰するものです。今回3名の方が表彰されましたが本日の式には1名のみの出席でありました。その方は町内の寺の元住職で(現在は後継者に住職を譲っている)私の家もその寺の檀家です。表彰式が終わり、元住職のお礼の言葉を聞きました。私はその言葉で心が休まり、エキサイティングな今までの気持ちが少しずつ、ほぐれていくのが感じられました。
明後日6日は伊勢路を走る「全日本大学駅伝」です。次回はたぶんそれに関する書き込みになると思います。
pagetop
本日午後、全員協議会が開催された。それは9月定例会で補正予算が修正案で可決された(ITアプリ開発が否決された)に不服で再度ITアプリ開発を臨時議会に上程する予定であり、否決されたことに納得できない、議員の理解不足があるから説明の機会を設けてほしいということで、もちろん議会として全協の場で理解不足なら説明の機会を設けることにやぶさかでないので本日開催された。
冒頭町長から、「町をよくするために同じ方向を向いていない。」との発言あり。そこで議員から質疑・意見を求める前に、私は「町長は議会が町長と同じ方向を向かないことは町のためになっていないとの発言であるが、議会は町の利益のためと判断して前回否決したわけであり、それを同じ方向を向いていないとの発言はおかしい」とまずはくぎを刺した。その後議員から様々な質問が出た。「町の負担金はゼロ。交付税により措置される」という町長の言い分に対し、交付税ではほんとうに措置されているか不明瞭のところがあるとの意見。町長は「国が交付税により措置すると公式に表明しているので(代議士が300人を前に言っている)交付税で措置される」と回答。また他議員から懇談会の前に「町長から電話が来た」とある方から言われたが「町長はほかの町民にも電話しているのか」との質問。町長は「ほかに3人くらいには電話したが、理解を求めただけだ」との回答。しかし私が町長の横顔を眺めるとやや上気した顔色であった。
2時間以上質疑応答があり、出尽くしたところで私から質問をした。「町長は住民懇談会で否決されて交付金を返納すると次年度から富士見町には申請しても交付金はもらえないと言っているが根拠はあるのか」町長の回答は根拠はない。そこで根拠もないことを住民に言うことは全くおかしなことだ。否決すると富士見町は交付金がもらえなくなり、町がダメになるようなことをあおっている。そして私が『内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局』にメールでこの件について問い合わせし「そのようなことはない。より良い事業として再度町から提出いただけることを心よりお待ちしております」という返答を明らかにした。
また昨日の懇談会で町長が「加々見議長は行政に批判をするような文面を全国にばらまいている」と発言した。そのことに対し「自分の名誉のために聞きたい。このブログのどこに行政を批判することが書いてあるか。一切書いていない。」「私は町長の不当な私(議長)への介入、住民懇談会での間違った説明を指摘しただけで、町政への批判は一切行っていない」と言った。それに対し真っ向から否定したので、そのブログを読み上げ、「町長から電話が来てすぐにブログに内容を事細かく書いた。町長が今、このように言ったといって、例え裁判になっても当時のメモを詳細にとってあるほうが信憑性があると判断される」と反論した。
また、「富士見町にとって何の利益もないブログ、ツイッター(町民の宮下伸悟氏のつぶやき)はやめてもらいたい」との町長の発言は「言論(出版)の自由を保障している憲法に違反するもので、法を順守する立場にある政治家(町長)が憲法違反の言動を住民懇談会という場所で言うことは大変な問題である」と言った。また同僚議員からも同様な発言があり「議会として抗議すべきだ」との発言があった。私はありがたいことだが、私個人のことであり、議会を巻き込みたくないと、辞退した。
その後、議会事務局長から正式に11月4日に臨時議会を招集することが庁議で決定したと、連絡があった。町長は可決の見込みと判断したのだろうか。
pagetop
25日皮切りに26日と2日間住民懇談会が開催されている。本日を含め更に3回予定されている。
懇談会に臨む議員については先日のブログのとおり発言はしない(できない)ことに議会からの申し入れでなったが、それ故、町長のペースで進んでいる。それは仕方ないことであるが。初日は「議会がおかしい」「町長ぜひ進めてくれ」の意見が頻発。町長満面の笑みをたたえている。噂では、賛成の意見を依頼しているとの情報も。昨日(26日)は一変異議を唱える意見も。町長、苦虫をかみしめる表情。すぐに顔に出ておかしい。ポーカーフェイスという言葉ははこの人には無縁である。
さて、説明会資料に気になる部分がある。『地方創生推進交付金、平成27年度に引き続き1,700の自治体との競争を勝ち抜き、前述の3つの補助金を確保(8月初旬決定)』更に町長の口から「日本中で交付金の取り合いになっている」と2会場で説明。
ちょっと胡散臭い話だなと思い、ネットで検索。9月に信濃毎日新聞で「地方創生推進交付金、県内19市中8市どまり」という記事があり、長野県の市のみの話であるが半数が申請していないことが判明している。検索結果、「内閣府地方推進事務局8月2日付け文書「地方創生推進交付金の交付対象事業の決定」を見る。その結果1,742市区町村中、交付申請事業数は627件、また申請自治体数は『サンケイビズ』によると604区市町村であることが判明。僅か34%しか申請していないじゃん。資料、町長の説明嘘っぱちだった。
そして本日庁舎に町長を訪ね、間違った説明はしないように要求。町長は最初自信があったようだが、資料を突きつけると、それは国会議員〇〇氏が300人を前に言った。お前もその場にいたではないか。文句があるなら国会議員に言え、と全く子供みたいな言い訳。また君のように執念深く調べていないと。『執念深い』は前のブログに引用したのでそれがブーメランで私に帰ってきたが。そうです私は執念深く夜中に起きて調べました。住民に説明するにはそのくらい執念深く調べ、正しい情報を伝えるのが町長の役目だろうと、言いました。最後は「その部分削除するよ」と小声で渋々言っていました。
町長も最近私のブログの存在が分かったらしく、「まったくあのやり方はないよ」と不満げでした。
これからも真実を書きます。と宣言してきた。
pagetop
プロフィール

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議長です。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。