2016/12/31

父の死

それは12月23日の朝突然やってきた。妻が実家の父が亡くなり通夜の準備で行っていたため、私が父の朝食の準備をしていた。母が起きてきたので布団を上げようと部屋に入ると、父の様子がおかしい。呼んでも反応がない。慌てふためいてしまった。娘も駆けつけ呼び続けたが同じであった。
救急隊員が駆け付け心電計他装着したが明らかに死亡していた。当然搬送はしないことになり、その後警察による死体検案が行われた。病院の院長も駆けつけていただき、死亡時刻は前日の22時頃となった。
その日夜、父を風呂に入れた。いつも湯船につかると「ああ気持ちいい」と嬉しそうに言っていたが、その日は言わなかった。相当疲れているようであった。ひげをそってあげて体を洗い着替えて床に就いた。それが最後であった。
28日の葬儀には大勢の人々が会葬された。弔辞は当初2名の方から申し出があったが、当日更に2名の方からの申し出があった。父は長年教員をしていたのでその教え子が大勢いて、教員の仲間2名、教え子2名から頂いた。その中の印象的な一説を紹介する。「自宅から学校まで往復14キロの道のりを毎日歩き、私たちが山道で遊んでいる側を足早に通り過ぎていく先生の片手には、いつも名のない小さな花が咲いた草が一本握られていました。先生は遊んでいる私たち生徒を見て暖かいまなざしを投げかけるだけで、道草を食わないでとか、勉強しなさいとか、その他一切の説教もなく、また当然のことながらお褒めの言葉もなく、あたかも『一陣の風』のように追い越していかれました。何という不思議な軽快で一直線の姿だったことでしょう。俗世の名利、教師という高い地位とは無関係に生きるあたかも大人になった『風の又三郎』のような感じでした。・・・・」本当にあっという間にあの世に逝ってしまいました。
父は、植物・地学・気象・絵画・寺院など幅広くいろいろな事に興味を持ち自分の好きなことをすべてやりつくして旅だったと思います。幸せな人生だったと思います。
さて残された置き土産、『石、化石、本人が気に入っていたジャングルのような庭、また特に書物』これが莫大な量であり凡人の私としては果たして価値があるものなのか、今後どうかたずけて整理したらよいのか見当がつかずただ茫然としているところです。もうすぐ新しい年が訪れます。それから考えます。
お世話になった皆さんに、父に代わりお礼申し上げます。
pagetop
月曜日,夜9:00~BS6(TBS)で「吉田類の酒場放浪記」という番組がある。今、見終わったところ。なぜか私はこの番組結構毎週見ている。見ていると、どういうわけか酒を飲みたくなる番組である。1時間の放送枠で4軒訪問する。そしてほとんど赤ちょうちんの大衆酒場である。高級な割烹へは行かない。この番組のこだわりなのか。
カウンターに座り、生ビールで始まるパターンが多い。そのあとおすすめの地酒。この地酒をグラスになみなみと注いで、受けの升に溢れるほど注がれる。そこで吉田氏が口をグラスにつけて吸い込む。通の酒飲みの飲み方かもしれないが、私に言わせれば下品極まりない飲み方である。升を手に持って口に運べばよいではないか。そうするとグラスから酒がこぼれる?だってもうなみなみ注がれて升にこぼれているではないか。グラスの酒を飲み干し、升にこぼれた酒を飲む。升の四隅に溜まっている埃と一緒に。これが通の飲み方? ああ何たる不衛生。
刺身はわさびを醤油に全部溶かして、それにべっとり浸して食べている。何たることか。また周りの見ず知らずの客に乾杯を強いてご機嫌である。さらに番組の演出で隣の客が自分の料理を吉田氏におすそ分けして、大衆酒場の庶民の暖かさを演出している。最後は吉田類氏が本当に酔っぱらってしまうのである。ろれつが回らない語り口で、「もう一軒行きます」と後ろに腕を組み夜の街に消えていく、というエンディング。
そんな下品な番組であるがなぜか見てしまう。情けない。たぶん、来週も見るだろうな。
pagetop
今朝、配達された新聞の上に粗品として朝日新聞社名のタオルが乗っていた。たぶんあの件で配られたものだろうと、予想はしたが、配達する新聞店に電話で確かめた。やはり朝日新聞社から読者にお詫びのために配るよう配達部数分の品が届いたとのこと。
今回の慰安婦、福島原発での誤報道は朝日新聞の読者への信頼を失墜するものではあった。その後の読売、産経、文春、新潮等の執拗な朝日たたきは度を越しているとも思う。また保守の論客と言われる方々からは、「廃刊せよ」との厳しい言葉が飛び交っている。
我が家では地方紙2紙、赤旗日曜版、それと付き合いで頼まれ1か月限定で聖教新聞そして朝日新聞の5紙を購読している。今回の問題は大変遺憾ではあるが、朝日新聞はリベラルな、また読者の投稿を載せる「声」欄では賛成・反対双方の意見を必ず平等に掲載している。保守系の新聞には社の考えと反対の投稿はあまり見たことがないような気がする。(産経新聞東京朝刊アプリをスマホで見ています)
「廃刊せよ」は全く言論への弾圧であり容認できない。朝日新聞は真摯に反省しこれからも良識あるメディアとして頑張ってもらいたいと思っている。
しかし、今回の粗品はもう少しセンスの良いものにしてほしかったな。
粗品
pagetop
昨日は東京の「アルカディア市谷」で東京駒草会総会(岡谷南高校同窓会の東京支部)が開催され出席しました。常任理事になってまだ2年目の私がなぜ来賓として参加したかと言いますと、副会長2名が都合で参加できないこととなり、会長から行ってくれという事になったためである。
会長、笠原常任理事、私と3名で行ってきました。私と同期の同窓生も3名出席していまして親交を深めてきました。
議事終了後第2部:岩波理恵スペシャルコンサートが約40分間行われました。岩波理恵さんはやはり同窓生で卒業後、短大を出て全日空の客室乗務員になり、その後幼少からの夢であった芸能界へ進んだそうで、文化放送のメインパーソナリティ^-を7年間勤めました。2004年にCDデビュー。ステージではオリジナル曲以外に昭和の懐メロを歌い同窓生を楽しませてくれました。堀越高校の同窓会はすごいだろうなと、ふと思いました。
最後はお決まりの校歌・応援歌の斉唱。お開き、新宿発21時で帰ってきました。疲れたが楽しい1日でありました。明日から議会は一般質問。私は11日。今回はかなりいろいろと調べ上げたので良い質問になるような気がします。
pagetop
昨夜、岡谷市「ライフプラザ・マリオ」で櫻井よしこ氏の講演会が開催された。岡谷南高等学校同窓会が主催し400人以上が聴講した。当初同窓会員を対象に企画されたが途中から一般の方にも聞いてもらうことになり、当日券もかなり販売できたようである。
実は前日には同窓会の定期総会が同場所で開催されたばかりで、私を含めた役員にはハードな2日間であった。
御承知の通り櫻井氏は保守の論客であり、講演内容は『日本創造』現、安倍内閣に考えは近く、中国の脅威に関しての講演がほとんどを占めた。もちろん改憲論者であり、講演の最後は「参議院選挙では是非改憲を主張する政党に1票をお願いしたい」であった。
私の当日の役割は講演終了後の『お礼の挨拶』でありました。主催者側ですので主義、主張は違っても講師に対し最大限の礼を尽くすのが筋でありますので、櫻井氏に対して最大限のお礼の言葉を申し上げたつもりです。
櫻井氏の語りは穏やかで笑顔もチャーミング理論整然とした論調はテレビでの討論でも風格があり、今回生で聞いたがさすがだなと感じ今後の櫻井氏の発言に大いに注目しようと思いました。
pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議員です。

最新トラックバック