本日、箱根駅伝予選会が立川でありました。山梨学院大学2位で本戦出場決めました。選手の皆さん、上田監督、飯島コーチ、津金先生、おめでとうございます。
私は午前中、富士見高原病院の病院祭がありましてそちらへ行っていました。予選会は9:30~でやはり気になっていました。TVは日テレで午後3:30~放送がありました。さっそく3:30~TV観戦しました。結果はすでに出ていたわけですが、ネットで見ればわかるわけですが、あえて見ませんでした。リアルタイムで応援気分を出したかったので。
ネットの「箱根駅伝フリーク」「2ちゃんねる」などの予想では予選会通過でも7~9位という状況でした。しかし昨日発売になった陸上競技マガジンを読むと調子は上向き、春先故障者も復活しているなどの記事を読み期待して観戦しました。特にコスマス選手、個人1位でした。15K過ぎ、日大の佐藤に並ばれたとき、いつものように、このままずるずる後退するだろうと思っていましたが(ごめんなさい)なんの、なんの逆に最後差を広げました。今年のコスマスは違うぞと手ごたえを得ました。ただ、主将の松枝選手が本来の力を出せませんでした。松枝選手が良ければトップ通過だったと思います。
箱根まであと2か月半です。今年は全日本出場できませんが、逆に箱根一本に集中して調整できます。1月2日、万全の状態で大手町をスタートしてください。応援します。
pagetop
我が集落にはほんとうにありがたい、手取り足取りご指導してくれる先輩がいらっしゃいます。昨日も早朝から電話が入りましてありがたいご指導を受けました。内容は、3日に行われた秋祭り。社日祭と呼んでいます。
祭りの前日、乾杯の発生を予定している、区の要職の方から毎年乾杯は幹事がやるとなっているが、もっと若いこれから区を背負って立つ人でもよいのでは。と提案されそのようにしました。また社日祭の意味を教えられましたので私もネットで検索しました。それは土、土地の神様に感謝する祭りと書いてありました。
祭り当日、区長のあいさつ(私は本年区長)社日祭とは土が育んで収穫できることへの感謝・・・を入れました。また乾杯も若いものにさせました。それでその電話は真っ向から否定するありがたいものでした。誰もあいさつなど真剣に聞いていないのに・・・、乾杯が誰だっていいのに。早く酒を飲みたいのだろう。
まあとにかくこれからも手取り足取りありがたいご指導よろしくお願いします。
pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議員です。

最新トラックバック