2012/01/27

追悼名演説

今日、親戚の葬儀に行ってきた。夫が帰宅したが妻がいないので探したら寝室で亡くなっていたそうである。まだ66歳、肺炎による急死だったそうです。まだ若い。妻に先立たれた夫の心境はいかに。直会の喪主(夫)のあいさつもこみあげながら話された。
国会議員が在職中に死亡すると、本会議場で追悼演説をするのが習わしとなっている。対立政党の議員が演説することになっている。過去、社会党委員長、浅沼稲次郎が暴漢に襲われ亡くなった時は、自民党総裁、池田勇人が追悼演説を行っていて、これがいまでも歴史に残る名演説だそうである。残念ながら見ることはできない。
最近、動画サイト「ユー チューブ」で尾辻秀久(元厚生労働大臣)の追悼演説を見た。2007年12月に亡くなった民主党の故山本孝史参議員に対する追悼演説である。前半、後半と2つに分かれているが特に後半はパソコンの中の小さな画面ではあるがその演説に吸い込まれ、特に終盤は見ている私も涙を抑えることができなかった。在任中がんに侵され本会議で自ら告白し、自分ががん患者だからこそ、何とかがん患者に救いの手を差し伸べたいとだんだん弱っていく体で必死になって訴えていった壮絶な生き様を党派の垣根を越えて、尾辻氏が最後嗚咽をこらえて演説する。まさにこれこそ名演説といえるのではないだろうか。一度ご覧あれ。
pagetop

2012/01/22

議会報告会

本日、区の総会があった。1月に行われる通常総会で23年の事業報告、決算を承認してもらう総会です。
私は昨年区長であったため、任期は12月末であるがこれが終わるまでほっとできない状況であった。
また総会終了後、議会報告の場を作ってもらい、いままでの報告をした。「地域安心ネットワーク」の説明は当地区の民生委員からも補足説明をしてもらい高齢化率の高い我が集落では大変重要なことで、熱心に耳を傾けてもらった。また住宅リフォーム補助制度の拡大に関しても説明終了後問い合わせに来る区民もいて有意義な報告会であったと感じた。

pagetop
今年も箱根駅伝が終わった。毎年味わう、明日から仕事だという虚脱感。だが今年は無職なのでそれほどでもない。結果は東洋大学の圧勝だった。山梨学院は復路6,7区が区間18位、15位とブレーキ。往路6位とシード濃厚が赤信号となってしまった。しかし8区牧野が区間6位の快走。9区主将、松枝も体調完璧でない中、区間10位で踏ん張り、最終アンカー尾崎もなんとか襷を大手町に運び結果総合9位とシード権を確保した。やれやれ。選手の皆さんお疲れ様でした。シード確保したといっても来年はコスマス抜き。来年は留学生を入れない方針のようなので、相当な奮起が必要と思われる。がんばってほしい。
ところで、久石譲作曲の箱根駅伝テーマ曲「Runner of The Spirit」がファンの間で不評である。以前は、ネバーエンディングストーリーのサントラ「喜びの飛行」がテーマ曲で、いよいよ箱根駅伝が始まると高揚感に包まれ、1月3日、終了後TVのエンディングに、トミーヤングの「I Must Go」が2日間の名場面が映し出される中,感動的な歌唱力で放送が終了した。これを聞くと、正月が終わったな、明日から頑張ろうという気になったものだ。確かに久石の曲は駅伝にまったくマッチしていない駄作である。日テレ担当者もそう思っているらしいが、日本テレビとジブリの関係で言えないらしい。
pagetop
第88回東京箱根間往復大学駅伝競走の往路が行われ山梨学院は1区ルーキー井上が早稲田、大迫に1分10秒差の10位で襷を2区に渡した。2区中村は残念ながら区間18位と後退したが3区コスマスが区間新記録(それまでは早稲田、竹沢が2009年に樹立)をたたきだし勢いに乗った。往路最終5区山登りでは、上田監督から登りの適正ありとエントリーされた松本が期待に応え6位で芦ノ湖のゴールに飛び込んだ。1位東洋大学とは8分26秒差である。東洋大学が驚異的な記録でゴールしたため、一斉スタート(先頭から10分以上経過したチーム)は13校となった。
明日の復路山梨学院は松枝他昨年の経験者がほとんどエントリーされる見込みでシード権確保が期待できるようになってきた。
明日もテレビの前で応援する。
pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議員です。

最新トラックバック