3月7日から富士見町議会が始まります。主な内容は25年度当初予算案であります。
一般質問は11,12日。私の質問は11日午後1時からの予定です。
一般質問に関してですが、前もって質問の内容を示す「通告表」を提出します。私の困惑とは、提出後、町長から質問内容についてとやかく言われることです。私の携帯に突然かかってきます。町長の携帯からなら町長と表示されますが総務課の固定電話でかけてくるので不意打ちを食らいます。質問の内容に不明な点があるのなら致し方ないと思いますが、内容にいろいろと言ってきます。「この内容は町でなく国の問題だ」とか「回答できないよ」とか、一番傷ついたのは「こんな質問やめたら」です。
一般質問とは、「大所高所からの政策を建設的立場で論議すべきこと」と初当選議員研修会で教えられました。大所高所からの質問に対し町には関係ない内容だといわれるのは心外です。
これってありですか?
pagetop
3月1日「厚友会」が開催され参加した。厚友会とは長野県厚生連のOB会で課長職以上で定年退職した者の集まりです。いつもは戸倉上山田温泉の「清風園」で行われますが、今回は佐久総合病院佐久医療センターの建築現場を視察も兼ねてという事で佐久市で開催されました。129,100㎡の敷地(東京ドームが4つ入るそうです)に地下1階地上4階建て(条例で高さ制限があるため)で佐久病院の高度医療を担当する施設であります。来年の3月1日開院予定です。
総会では厚生連の25年度事業計画が報告されました。全体で総収入1千億円ということでちなみに、地元富士見高原医療福祉センターは70億円の計画です。70億と言いますと、富士見町の25年度当初予算を上回ってしまいます。7日から富士見町議会が開催されますが一般質問で当初予算の件を質問します。(こんな緊縮予算しか組めなかったのかと)
懇親会の料理はやはり清風園に比べ劣っていました。しかしビフテキは美味かった。(今、ビフテキという言葉は死語になりつつあるそうです。でもこのビフテキという言葉の響きは我々の世代にはハイカラな高級料理を連想します)ソースを大根おろしでからめ和風味でおいしかった。これに玉ねぎをすりおろしフライパンで炒めたものを乗せれば「シャリアピンステーキ」ですね。20代のころ上諏訪駅前に「ブルドック」という洋食屋がありましてそこで「シャリアピンステーキ」を食べて感動したことを覚えています。
一泊して朝それぞれが、来年の会まで元気で、また会おうと言い残し家路に向かいました。
pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議長です。

最新トラックバック