上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
箱根駅伝区間エントリーが先程発表された。山梨学院大学のオーダーは
1区 上田健太 2区 オムワンバ 3区 井上大仁 4区 上村純也 5区 前田拓哉
6区 桃沢大祐 7区 市谷龍太郎 8区 谷原先嘉 9区 阿部竜巳 10区 磯野裕矢
補欠 有泉潤 兼子侑大 田代一馬 佐藤孝哉 秦省吾 河村知樹
いや、びっくりしました。上田が1区です。ネット上では、5区か、とも言われたが、入学後怪我でほとんどレースに出ていなくて最近記録会に出場し何とか走れるようになったと聞いたが。
補欠の兼子はおそらく復路10区に変更されると思う。問題は補欠の佐藤である。今までの駅伝はスターターとして実績があり1区というのが普通かと思う。しかし上田の状態が良ければ1区上田、問題の5区に佐藤が来る可能性もある。この配置ができれば、往路優勝争いに加われると思う。幸い、村山兄弟は2人とも2区で1区の超高速スタートにはならないと思われる。上田が先頭グループに喰らいつきオムワンバで3区に襷をトップで2分の差をつけ渡せるようなら理想の展開になれそうである。3区井上でさらに1分半、3分30秒の差をつければ往路優勝の確率は高くなる。
風邪をひかないで、2日、大手町のスタートラインに立つことを祈願している。
pagetop
箱根駅伝、第1次エントリー(16人)が発表された。各大学のエントリー漏れは、明治の八木沢位でほぼ順当なエントリである。特に優勝候補筆頭の駒沢は完璧なエントリーで、今時点では断トツでぶち切りそうである。
山梨学院大学もほぼ順調なエントリーか。付属高校から鳴り物入りで入学してきた4人のうち3人がエントリーされた。市谷は全日本にも出場した実績があるが、監督の息子、上田健太がエントリーされたのはうれしい。入学後、けがのためほとんど実績を残していなかったが、箱根に間に合ったようである。ネット上では5区山登りではないかと書かれている。最近の箱根は山を制したチームの優勝確率が高く、果たしてどうなるのか。上田監督も現役時代、順天堂大では5区で区間賞を獲得し順天堂大の優勝に貢献したことがある。父親の血を引き継ぎ山での快走を期待したい。まだ区間配置が発表されたわけではなく、この時期の楽しみな、わくわくする妄想である。
区間配置は29日発表される。
pagetop
12月6日のブログで一般質問の報告を後日書き込むとお約束した。本日無事一般質問終了。内容は間違いがあってはいけないので、録音を聞いて正確に書き込みます。結構過激な質問・発言をしたような気がする。答弁で総務課長が、半分切れていたのかななー。このブログ読んでいたらごめんなさい。悪気全くありませんから。
やはり一般質問は、それなりに緊張しますし私も真剣勝負で臨んでいます。ですから終わったら酒を飲もう、つまみもそれなりに自分の好きなものでと昨日から考えていました。そこで終了後スーパーで探しました。この時期寒いのでやはりお燗した日本酒が飲みたいな。私はなぜか昔から「月桂冠」が一番好きである。しかし行ったスーパーには残念ながら「月桂冠」は本日はなかった。
夕方息子を迎えに行き、小淵沢のスーパー「やまと」に寄った。この「やまと」は山梨県で展開しているスーパーである。私の家から近距離ではあるが、本格的な買い出しは富士見にあるJAのスーパー「Aコープ」へ行ってしまう。「やまと」さんごめんなさい。しかしそれでも行った理由は、「やまと」には生食の牡蠣があるからである。昔はむき身の牡蠣でも生食用というのがスーパーで普通に売られていた。しかし最近はむき身はすべて加熱用である。もちろん海の近くでは殻つきの牡蠣は生で食べられる。このむき身で生食は驚きである。「生ガキは当たりそうだと思う人は必ず食べると当たる」という科学的に何の根拠もない定説があるらしい。わたしは好きだからダース単位で食べる。好きだから今まで一度も当たったことがない。
私の牡蠣との出会いは35年前にさかのぼる。20歳前、湯河原にある「コパボール」というボーリング場のレストランでアルバイトをしたことがある。そこで皿洗いをしていたがコックが不真面目で欠勤したり、その時オーダーがあると簡単なもの(カレー、スパゲッチー、サンドウィッチ等)を私が作っていた。そんな時東京からコックが弟子を連れてチーフとして「コパボール」にやってきた。そしてあるパーティーが行われることになり、チーフがメニューを書いた。メニューにオードブル、「fresh oyster カクテルソース添え」というのがありそれが生牡蠣との出会いである。カクテルソースとは、ケチャップにウスターソース、レモン汁とタバスコソースを混ぜたソースであり、初めてそのソースで食べた生牡蠣は今でも忘れられない。
というわけで、「やまと」に行った。期待したとおり、生食用の生牡蠣があった。もちろん購入した。また酒コーナーに「月桂冠」もあった。最強の取り合わせである。夜6時前から生牡蠣で「月桂冠」を味わった。現在20:30、腹の調子は普通である。
一般質問の内容はまた後日。
pagetop
富士見町12月議会が始まった。初日の昨日(5日)は議案説明と議案への質問。質問が集中したのは一般会計補正予算。内容は「富士見町テレワークタウン・オフィス計画」のための設計委託料380万円計上してあることへの質問。
そもそもこのテレワークとは、町に廃校となった校舎があり、この校舎の再利用ができないかという事から都会の企業の社員が田舎に住んで、仕事は高速通信回線を利用して田舎で行う。たまに都会のオフィスに顔を出す。という「かっこいい生き方」を提案している。最初の町長の説明がやけに説得力があった。「富士見町は固い岩盤の上にあり地震にはめっぽう強い。近い将来大地震が発生して東京は壊滅状態になる。しかしこの富士見で仕事をしていればそれを免れる」確かに富士見町はほとんど大災害に出くわしたことがない。
質問は富士見でテレワークを希望している企業があるのかに集中した。具体的に決まっていないのに設計を始めるのはいかがなものか、というごく普通の疑問。また私は「すでに町ホームページ上で施設利用料を明記しているが町有財産の使用料は条例制定あるいは議会の承認が必要だが、議会諮られたこともない」と質問した。町長はこの構想は他地域でも検討していて競争が激しい。先手を打たないといけないので庁内で決めた。何ら問題はない、との回答であった。行政の政策は、とかく面倒な手続きを踏んでやっと動き出すのが普通であり法令順守の上からも行政機関としては当然であると思っていたが、今回の私から言わせてもらえば、勇み足の行動は行政が企業間競争に勝ち抜くための手段を持ち込んだわけで、以前からとかく問題視される町長の姿勢にまた一つ議論が集中しそうである。
一般質問は8日、9日。私は9日の最後。質問内容は「指定管理者制度」「区役所更新に町からの支援を」「農業施設投資絵の対応」である。指定管理者の質問は議案にもあるが、福祉施設を非公募で社会福祉協議会に決めたことについても含まれていて、議案説明で副町長から非公募の理由等事細かく説明があった。私の方へ視線が向けられているような気がして、一般質問へのけん制かなとも感じた。質問の結果は後日報告する。
pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議員です。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。