区間エントリーが出ました。山梨学院大学は最大の注目、2区 ニャイロがエントリーされました。(ほっとした)
1区佐藤 2区ニャイロ 3区伊藤 4区田代 5区前田 6区秦 7区市谷 8区小山 9区河村 10区永戸 補欠オムワンバ 、蔵田、谷原、上村、上田、古賀  以上がエントリー
当日の交代は3区、8区、10区あたりになりそうか。谷原、上村、上田、古賀この4人がどこかに変更となりそう。またオムワンバはニャイロにアクシデント発生の場合変更となる。
今のメンバーではベストのエントリーと思われる。これから当日まで一番わくわくする日々が続く。1月3日、午後2時30分頃、がっかりし落ち込まないよう祈るばかりである。
pagetop
明日(29日)は箱根駅伝区間エントリーが発表される。1区スタートは、花の2区は、そして山登り5区は、このあたりが注目されるところ。
山梨学院大学は2人いる留学生のだれが走るのか、というのが大注目である。留学生は1人しか走れないので明日は1人がたぶん2区にエントリーされて1人はリザーブ(控え)となる。1月2日は明日のエントリーのまま走るのか、それとも当日変更され控えと交替するのか。
4年生のオムワンバは前々回2区を走ったが途中棄権。また前回はやはり2区にエントリーされていたが足に違和感を訴え当日変更。そのため2区終了時まで最下位。その後順位を上げて日本人だけでシード権確保したのが話題となった。
そのオムワンバと今年大活躍の1年生のニャイロ。報道等ではオムワンバはリベンジするため2区を走りたい。区間新を狙う、と言っているらしい。しかし今季駅伝の実績はまったくなく、ニャイロは実績を残している。ネット上では2回やらかしてしまったオムワンバより実績のあるなニャイロが走るのが当然だろうというのが、大方の意見。果たしてどうなるのか。明日の夕方には判明する。調子のよい方を選んでもらいたい。
pagetop
本日、全国高校駅伝が開催された。男女とも世羅高校が優勝した。特に男子は歴代最高タイムでの圧勝であった。
山梨学院大学付属高校、女子は今回優勝候補の一角に挙げられていたが、Ⅰ区が38位と出遅れ、その後追い上げたが結局14位であった。
さて世羅高校男子2区を走った井上広之選手は3位で襷を受けて区間賞の走りでトップに立ちその後世羅高校はトップを一度も譲らない圧勝であった。その井上君が来年山梨学院大学に進学する。久々に日本人のトップクラスランナーが来てくれることになった。期待大である。
pagetop
12月議会に指定管理者の手続き等に関する条例が議案になっている。内容は、「年度終了後30日以内にその管理する公の施設に関する事業報告を30日以内に町長に提出しなければならない」というのを「60日以内」に改正する条例である。昨日常任委員会で内容の説明があった。30日では報告が厳しいので60日にしてほしいというもの。私は議長という立場上討論、採決には加われないが、どうしてもおかしい。納得できない。
会計処理を、そろばんで手書きなら、そうかもしれないが、今時そんな会計処理しているわけない。たぶん会計ソフトを使っているわけで、日常きちんと、日々の取引を入力していれば年度末にB/S・P/Lは完成できるはず。多少の決算処理はあるが。
指定管理施設は会計事務所に任せているようだが、60日も猶予が欲しいなんて、無能で怠慢な事務所と言わざるを得ない。だって今まで30日以内にできていたでしょう。決算書が2か月後ということは、翌年度すでに1/6が経過している、それから経営分析等するわけで、これでは、経営がうまくいかないのも納得できる。スピーディーな経営戦略が求められている。
15日が本会議で、委員会報告のあと採決となるが、たぶん可決されるであろう。上程される議案、極端に問題がある議案は最近なかったが、今回の議案は時代錯誤も甚だしい議案である。
pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議員です。

最新トラックバック