ザ・ピーナッツの伊藤ユミさんが亡くなっていたという報道から一週間以上経過した。姉のエミさんがすでに亡くなり、ピーナッツは完全に伝説となってしまった。私の青春時代は、ビートルズと「シャボン玉ホリデー」のピーナッツであった。
ピーナッツと言えば代表曲は「恋のバカンス」「恋のフーガ」「ウナセラディ東京」等が定番である。しかしあまりポピュラーではない曲で珠玉の名曲が数多くある。私のお勧めは1位「こっちを向いて」2位「ジューンブライド」3位「青空の笑顔」4位「幸せの花をつもう」5位「愛のかけ橋」というところかな。いずれも宮川泰作曲。宮川泰は俗にいう『和製ポップス』の作曲家では天才だったな。
最近『ユー チューブ』で検索し「えー、懐かしい」と見入る動画がある。一番気に入っているのが1971年に日本テレビで土曜日の夜放映されていた「二丁目三番地」石坂浩二、浅丘ルリ子が主演したドラマである。このドラマがきっかけで二人は結婚する。それはさておき、このドラマの主題歌、「目覚めたときには晴れていた」この曲以前から好きで、自分の20代の頃が鮮明に蘇る。テレビでは『赤い鳥』が歌っていたがレコードにはならなかった。『ユー チューブ』では投稿者がテレビからテープレコーダーで録音しそれが投稿されている。また関連で『朝倉理恵』が歌っていてこれが雰囲気を十二分に表現している。
更に私の気に入っている曲が深夜放送『セイヤング』で流れた「今日も夢見る」『万里村れいとタイムセラーズ』が歌っている。これも胸がきゅんとなる。万里村れい氏は今も現役の歌手でコンサートでこの「今日も夢見る」を歌っているのが投稿されていた。年を重ねても艶のある声である。
こんな青春時代に東京へ行けばプレイバックできるのである。やはり晩年は東京で過ごすのもいいかな。自分には富士見高原の澄んだ空気・景色より都会の雑踏と汚れた空気のほうが死に場所としてはあっているのかな。
pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議員です。

最新トラックバック