2013/10/19

箱根駅伝 予選会

本日箱根駅伝予選会が開催された。今大会は90回記念大会ということで23校の出場となる。シード校は10校で本日の予選会で13校が出場となる。
山梨学院大学はトップ通過を狙っていた。下馬評でも評価は高かった。しかしトップは東京農大であった。これはほんとびっくりした。山梨学院は2位通過となった。個人では予想どおりオムワンバが57分台でみごと1位。日本人1位を狙ったキャプテン井上は2位、城西大、村山が1位であった。
山梨学院大は2週間後の全日本大学駅伝に出場する。本日20km走り2週間の休養で大会に臨まなくてはならない。箱根でシードを逃すとまったくハードな日程が待ち構えている。
本日は日テレが地上波で実況中継し、午後BSで再放送した。最近特に感じることは大学3大駅伝とも早稲田偏重の放送内容がどうにも気に食わん。今日の放送は予選会で早稲田はシードされていて関係ないのに早稲田の紹介をしている。また予選会出場校の紹介を番組の途中に入れるわけだが、山梨は最後まで紹介されなかった。本日のゲストが中央大OBの碓井哲雄氏、東海大OBの早川翼氏であったため、両校の紹介は選手のアップは特に多かった。山梨は前評判でトップ通過の呼び声が高かったわけだが・・・。また結果発表後の各校の監督のコメント紹介でも結局取り上げなかった。
1月2日・3日の箱根本戦での山梨学院大学の戦いに目が離せない。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議長です。

最新トラックバック