2013/12/30

区間エントリー発表 箱根駅伝

昨日(29日)区間エントリーが発表された。山梨学院大学は2枚エース、オムワンバを前回と同じ2区、井上を今回初めて山登りの5区にエントリーした。今年10,000メートル28分台を記録した、田代を1区、1年生の佐藤は9区にエントリーした。佐藤は予想では1区かと言われていたが復路のエース区間9区である。山梨学院の場合復路は上級生が走っていて、今回のエントリーは憶測を呼んでいる。つまり佐藤がケガで当て馬としてエントリーかとか。ケガでないことを祈り、大抜擢で快走することを祈る。
他校での驚きは、東洋大学が設楽啓太・悠太が補欠にまわったこと。当日どこかに変更されて走ると思うが、ひょっとして体調不良でどちらかは走らないことも考えられる。もう一つは日大のキトニーがやはり補欠。予想では2区、オムワンバと激突と思われたが、当日は5区山登りに登場すると思われる。過去に留学生が山に挑んだことは、山梨学院のカリウキが挑戦したが、途中大ブレーキとなったことがある。やはり寒さに対応できないことが原因かと思われる。はたして今回はどうか。もしツボにはまって快走すれば、あの柏原の記録を塗り替えることも夢ではない。
スタート1区は早稲田・大迫がエントリーされた。駒沢の中村もエントリーされており、高速のレース必至と思われる。そこに山梨の田代がどう対応しオムワンバに繋げられるか、序盤の見どころである。
体調を崩さず、大手町のスタートラインに立つことを望む。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議長です。

最新トラックバック