2011/06/25

全日本大学駅伝予選会

本日、全日本大学駅伝関東地区予選会が国立競技場で行われました。
山梨学院大学(以下山学)は昨年9位ということでシード権を落としてしまいました。過去24年連続出場でそのうち、準優勝11回を数え、なぜ優勝できないのか七不思議とも言われていました。
今も語り草となっている94年第26回大会。最終8区、10秒ビハインドで山学、中村祐二が怪童早稲田の渡辺康幸にすぐに追いつき延々と併走を続けた。最後力尽きたが区間新で走破した。また最近では同じく8区山学モグスがシード落ち確実かと思われたが、なんと55分32秒というとてつもないタイムをたたき出し終わってみればシード確保という結果。いつも主役は山学でした。
しかし今日の予選会。残念、予選会突破ならずでした。松枝、コスマス以外主力が故障で勝負になりませんでした。
10月箱根の予選会は夏合宿で鍛え是非とも本選出場を果たしてもらいたいものです。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議長です。

最新トラックバック