2014/11/01

全日本大学駅伝 明日8:05号砲

明日はいよいよ全日本大学駅伝だ。出雲駅伝が台風で中止となり、今シーズンの幕開けである。昨日区間エントリーの発表があった。今大会からエントリーメンバーが補員(補欠)との交代が可能となった。箱根駅伝と同じシステムであるが箱根は大会当日の変更だが全日本は発表次の日、つまり本日の監督会議で発表。たった一日で交替。なんのための新システムなのか疑ってしまう。本日の変更では駒沢大学が補員の村山謙太を1区の其田と交代した。最初からわかりきった交代である。同じ1区には城西大学、双子の村山紘太がエントリーされている。兄弟対決が実現し、しかも日本人学生最強の二人であり最初から高速レースが予想される。
山梨学院大学はエントリー変更はなかった。両エース、井上は4区・オムワンバは最長区間アンカー8区である。終盤に力のある選手を並べ、良い位置でオムワンバに襷がつながれば他校には脅威となるであろう。準エースが集まる2区に昨年高校駅伝優勝メンバーの1年生、市谷がエントリーされた。しかし駒沢の優位は動かないであろう。私は明日の結果で落胆するのが怖いので今日、前祝をして明日に臨む予定であったが、昨日エントリー発表で前々祝いをしてしまって今日飲む気になれなくて明日にお祝いを延期した。もちろん優勝が一番であるが3位以内なら祝杯となるであろう。それ以外でも6位以内のシード確保なら、それも良しとしよう。ネットの予想では6位というのが多い。明日の朝は興奮して早く目が覚めるだろう。駅伝ファンにはたまらない前夜である。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議長です。

最新トラックバック