--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2015/03/11

散散なシンポジウムになりそうだった。

本日17:30~富士見高原病院で公開シンポジウム「いっしょに考えよう あなたの健康と安心」が開催された。
私は住民代表ということでシンポジストを頼まれて、住民代表からの意見・要望を発表することになっていた。
ところが、思いもよらない事態が待ち構えていた。本日は朝9時から予算審査特別委員会で最後の上下水道課の審査が終了し、審査後の雑談をしていたところなんとなく頭が熱くなり、鼻血が噴出しだした。実は昨日早朝トイレに行ったとき鼻血が出て、その後何とか止まった。昨年夏、やはり出血して耳鼻科で血管を凝固する処置をしてもらいその後は出血は一切なかった。今日の鼻血はなかなか止まらず、1時間後にはシンポジウムに出演することになっている。ケーブルTVで全て収録しノーカットで放送される。鼻の周りを血だらけ状態が放映されてしまうのか。最悪である。病院へ電話して診てもらえるか問い合わせしたところ、「すぐに来てください」と言われた。
無様な格好で受付をして診察室へ向かう。麻酔のガーゼを挿入し15分後血管を凝固処置してもらう。顔を洗い何とか間に合った。病院代表、社協代表、住民代表の私がそれぞれ発言し会場からの発言を交え19:30終了した。
大変な一日であった。おかげさまで出血はしていない。1週間は飲酒厳禁です。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議員です。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。