2016/11/09

町村議会議長全国大会

本日、NHKホールにて第60回町村議会議長全国大会が開催された。安倍総理大臣、大島衆議院議長、自民党二階幹事長、他多数の来賓が大会に花を添えた。来賓の先生方は公務多忙とのことで、紹介が終わると全員が退席された。
大会では町村から国への要望事項・決議が出席者全員の賛成で採択された。
また豪雪地帯対策の充実強化を国に要望する決議も採択された。現在我が国の50%の面積が豪雪地帯で、人口は15%だそうである。国土の半分を僅か15%の人々で雪と戦っている現状を提案者は切実と訴えた。我が富士見町も近年大雪に見舞われることがあり、その対応が大きな課題でもある。幹線は機械で除雪されるが、集落の細い生活道路はその地元で、対応することになっている。高齢化が著しい集落では、なかなか雪かきが間に合わず、毎年課題となっている。数年前の大雪では透析患者が治療に行けない事態となり、役場職員が長い距離を雪かきしたケースもある。これから厳しい冬に向かうわけで、町でも大きな課題といえる。大雪にならないことを祈るばかりである。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議員です。

最新トラックバック