2011/07/11

梅雨明け、うだる暑さの祇園祭

7月10日(日)葛窪の祇園祭が執り行われました。この日例年より早く梅雨が明け汗だくになって舞いました。
私は区長という立場で、毎年、区長が最初にお宮の神前で舞うことになっています。10年以上前から始めていましたがここ何年かは仕事の都合で舞っていませんでした。直前5回の練習で本番となったわけですが、ほぼ完ぺきに舞うことができました。2年前から始めた仲間がビデオカメラをスタンバイさせていましたが、私の舞は撮らなかったということで、その男が「区長は本番に強いですね。区長のは撮らなくてよい」と撮影者に言ってあって撮らなかったそうです。まさかこんなに完璧に舞うとは思わなかったとのこと。私も調子に乗って、「今日の舞は永久保存版だよ」「練習用テキストだよ」
その後、各家を回り歩き午前中に予定どおり回り終えた。各家では酒出されいつしか酔いよいになってくる。お祭りである。最後は区長(私)の家で昼食(宴会)というのが毎年のしきたりである。とにかく熱い一日であった。
幕の内
本舞
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議長です。

最新トラックバック