2011/12/05

定例会、一般質問

富士見町議会12月定例会 一般質問、二番目で質問に立った。「富士見高原病院の再構築計画」来年度病棟新築工事に対し町からの補助を求めた。富士見町は町立病院を抱えていないのでその分財政に余裕があることから、当然補助すべきと迫った。町長の回答は、長野県内、他厚生連病院の施設投資の助成状況を見る中、総額の一割、金額で3億円の補助をする。との回答を得た。また工事により取り壊し、または移動しなければならない旧結核病棟記念館についてどのような保存等が望ましいかという問いには、あくまでも病院で考えることで感知しないとの回答であった。
またロタウイルス性胃腸炎のワクチンに対する補助を迫ったが、時期的に今年度補正予算計上は無理である。来年度半額補助を予定しているとの回答であった。近隣市町村が補助していない現在、富士見町がここで補助を発表すれば、町長の株も上がるし小児に対する町のイメージアップにもなるのでと更に迫ったが、本日のところはその考えはなかった。
そのほか、生活保護の問題、募金のあり方について質問したが、擦れ違いで終わった感がある。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議長です。

最新トラックバック