2011/12/09

ジョンの魂

今日は最終区長会がありました。区長になってやっと放免される時期が来たのかなと感慨無量です。
ところで、忘れていましたが、昨日はジョンレノンの命日だったですね。すっかり忘れていましたというか、毎年ジョンの命日なんて気にしていませんでした。同僚議員、佐久議員から言われてああそうか、という感じです。
命日なんて自分にはあまり特別な日ではありません。特別な日はビートルズが初来日した日、武道館でコンサートをした日です。暗殺された日は昔からのビートルズファンは複雑な心境です。ニューヨークの高級マンション「ダコタハウス」前で熱狂的ファンによって暗殺されるわけですが、あの頃ファンはジョンに対しちょっと冷めていたのかな。その原因はやはり「小野洋子」の存在です。ビートルズファンはほとんどビートルズ解散の原因は「小野洋子」だといまもしつこく思っています。
ラストアルバム(リリース)は「レット・イット・ビー」となっていますが実際は「アビーロード」です。はっきり言って「レット・イット・ビー」は駄作です。ポールマッカートニーが解散は否定できないだろう。ならば、最後に最高傑作を、ということで「アビーロード」が制作されます。今も燦然と輝くロックの最高傑作「サージェントペッパーズロンリーハーツクラブバンド」と並ぶ最高傑作アルバムを制作しました。ちなみに「アビーロード」はポールが主導。「サージェントペッパー」はジョンが主導です。
それだけの力量がありながら解散した、まったく惜しい・残念・ビートルズは20世紀の奇跡であり存続すれば今後どれだけの傑作を世に送り出したのだろう、と考えるとやはりジョンの死はなんだったんだろうかな、と思います。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議長です。

最新トラックバック