2011/12/11

箱根駅伝登録メンバー発表

第88回箱根駅伝に出場する各チーム16人のエントリー選手が発表された。
山梨学院大学は10月の予選会を2位通過し、26年連続の出場となる。メンバーは4年生6人、3年生7人、2年生1人、1年生2人で箱根経験者が7人、上級生主体となっている。夏までは全日本の予選も突破できないどん底状態だったが、夏合宿後調子は上向き上田監督も「主力が順調で下級生の底上げもあり、近年になくメンバー選考に悩んだ」と充実ぶりに自信を見せています。2本柱のコスマス、松枝、前々回の箱根で山下り6区3位の好走を見せた田口が復活。また主将松枝も今年になって、1万メートル28分台を記録し主要区間での走りが期待される。1年生は予選会チーム4位と好走した井上、佐久長聖出身の福沢など、期待できるエントリーである。
展望は、東洋、駒沢、早稲田の3強というのが大方の見方。しかし盛り上げ役の副主将、田口は総合3位を狙う力があると、頼もしい一言。区間エントリーは29日。正月が楽しみになってきた。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議長です。

最新トラックバック