--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2011/12/31

昔の紅白歌合戦はよかった

平成23年も終わろうとしている。TVは相変わらず紅白歌合戦なるものを放映している。夜7:15~11:45までこんなに長い時間やって飽きないのかな。紅白歌合戦はもちろん大晦日の風物詩であるが、昔はよかったぜ。
俺がというか我が家にテレビが来たのは、1961年かな?その頃の紅白歌合戦は夜9:05~11:45だった。子どもは必死に起きていないと見られない年もあった。会場は東京宝塚劇場。「乾杯の歌」にあわせて白組、紅組のプラカードを先頭に出場歌手が客席からステージに行進する。本当にわくわくしたものだ。その時の司会は、紅組:中村メイ子、白組:高橋圭三。翌年1962年から白組はあの宮田輝になった。紅組は森光子。東京オリンピックの2年前。日本が高度成長に突き進む前夜祭。この年の紅白は懐メロファンにはたまらない競演であった。仲曽根美紀「川は流れる」、吉永小百合「さむい朝」、西田さち子「アカシアの雨がやむとき」、松島アキラ「ああ青春に花よ咲け」、北原謙二「若い二人」、ジェリー藤尾「遠くへ行きたい」、橋幸夫「いつでも夢を」、三橋美智也「星屑の街」そしてザ・ピーナッツ「ふりむかないで」。どうです、ぞくぞくするでしょう。何を隠そう、俺はザ・ピーナッツの隠れファンである。ちなみに今でもその当時を知らない若者たちがカラオケで歌っている「恋のバカンス」は翌年1963年に歌っている。白組司会は江利チエミであった。ザ・ピーナッツのことはまたいつか書こう。また毎年、南極昭和基地の越冬隊から応援の電報が届いたな。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議員です。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。