2012/02/28

おどろおどろしい、言葉

2月11日に書き込んだ「広域連合行政視察」の中で、首長を「クビチョウ」と発音することに違和感を感じる。と書いたが、本日何気なく広辞苑で「くびちょう」を引いたところ、「首帳」という単語があった。くびちょうで「首長」という単語は存在しない。
首帳とは・・・戦場で討ち取った敵の首と、それを討ち取った者の指名とを記した帳簿。と印刷されていた。広辞苑第五版です。あまりにも、おどろおどろしい言葉である。確かに首帳に名前を記したい首長もいるかもしれないが・・・。
そうはいっても敬意を表しクビチョウと発音するのはやめようよ。シュチョウ(これが当たり前)と呼びましょう。まったく、どこのどいつがこんな読み方し始めたのだろうか。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議長です。

最新トラックバック