2012/07/28

オリンピックが始まった

朝5時からのロンドンオリンピック開会式を見た。最初のショーでは英国の歴史を紹介していた。007ジェームズボンドも登場していた。なかなかの演出であった。
選手団の入場で感じたのは、英国領とか植民地から独立した国などその多さに改めて大英帝国のすごさを感じた。
オリンピック旗の入場は、かつての有名アスリート等が旗を持つが、今回はエチオピアの「皇帝」とよばれた長距離ランナー『ゲブラシラシエ』が登場し驚いた。数年前まで現役で活躍していたのだが・・・。更に驚いたのは、ムハマド・アリが不自由な体で登場したことだ。アトランタ五輪で最終聖火ランナーを務めたことは記憶に新しいのだが、その際もパーキンソン病に侵されていて震えながら点灯していた。今回は一人では立っていられない状態で、さらにサングラスをしていて、視力を失ってしまったのかな。とにかく痛々しく涙が出てしまった。
最後はポールマッカートニーがビートルズの『アビーロード』のエンディング「ジ・エンド」で登場し「ヘイ・ジュード」を熱唱した。ポールも年を取ったなー。
これから2週間楽しみだ。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議長です。

最新トラックバック