--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/10/08

駅伝シーズン開幕

大学駅伝の開幕戦、出雲駅伝が行われ、山梨学院大学は総合4位とまずまずの出だしとなった。
1区は2年生ながらエース井上がトップと5秒差の5位で2区にタスキをつないだ。ところが2区・3区ともに4年生の鳥羽・牧野が順位を下げ苦しい展開となった。しかし4区3年生松山、5区2年生阿部が踏ん張り最終6区オムワンバにタスキを渡した。オムワンバは1年生。今年の関東インカレ、日本インカレでは圧倒的な力を見せつけた。しかしロードは今回が初めて。最初緊張したのか駒沢の窪田とせりあったが、最後早稲田を抜き駒沢にも競り勝ち4位となった。優勝はだれも予想しなかった青山学院、今年度高校駅伝で区間賞獲得した生徒を中心に補強し新人の層の厚さは前評判ではあったがまさか優勝とはだれも予想はしなかった。
駒沢、東洋、早稲田、明治の4強ともいわれたが、東洋が2位、後の3校は散々な出来であった。
今後は11月4日が全日本大学駅伝そして正月の箱根駅伝となる。山梨学院は、距離が長くなると力を発揮するチームであり、新加入の留学生オムワンバが更に怪物ばりの走りができるか注目である。当然駒沢、早稲田もこのま黙っているわけがなく、ますます目が離せなくなる。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議員です。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。