2012/12/29

箱根 区間エントリー

本日、第89回東京箱根間往復大学駅伝競走の区間エントリーが発表された。山梨学院大学は11月に行われた全日本大学駅伝で好走した森井を故障で欠く中、注目の日本人エース井上は3区、1年生ながら関東インカレ、全日本インカレで鮮烈なデビューを飾ったオムワンバは2区となった。オムワンバは元々中距離ランナーで20km以上試合で走ったことはなく、距離に心配ということではあったが、エース区間にエントリーされた。当日(1月2日)は気温が上がるとの予報でオムワンバには追い風となるか。
今回の大会は正直苦戦が伝えられるがなんとかシードは確保してもらいたい。
先週行われた全国高校駅伝では付属高校が山梨県では初の入賞(8位)となった。原動力は2年生。山梨学院大学上田監督の次男上田健太選手は中学時代全国大会で優勝している。その上田健太選手が全国大会で顔を合わせた選手たちに「山梨学院高校は決して強豪とは言えないが一緒に強くしないか」と声をかけ集まってきた。そのメンバーが大活躍した。来年は頂点を目指すそうである。
そのメンバーが再来年山梨学院大学に入学するとその年ジャンプアップし、翌年大学も頂点を目指す布陣が整う。私の勝手な考えか。1月2日、選手の皆さんは体調に十分注意し、大手町のスタートラインに立ってもらいたい。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議長です。

最新トラックバック