2013/03/04

一般質問への介入 困惑

3月7日から富士見町議会が始まります。主な内容は25年度当初予算案であります。
一般質問は11,12日。私の質問は11日午後1時からの予定です。
一般質問に関してですが、前もって質問の内容を示す「通告表」を提出します。私の困惑とは、提出後、町長から質問内容についてとやかく言われることです。私の携帯に突然かかってきます。町長の携帯からなら町長と表示されますが総務課の固定電話でかけてくるので不意打ちを食らいます。質問の内容に不明な点があるのなら致し方ないと思いますが、内容にいろいろと言ってきます。「この内容は町でなく国の問題だ」とか「回答できないよ」とか、一番傷ついたのは「こんな質問やめたら」です。
一般質問とは、「大所高所からの政策を建設的立場で論議すべきこと」と初当選議員研修会で教えられました。大所高所からの質問に対し町には関係ない内容だといわれるのは心外です。
これってありですか?
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議長です。

最新トラックバック