2013/07/06

明日は祇園祭(お神楽)

明日は葛窪区の祇園祭である。神楽保存会によって神楽舞が伝承されている。現在富士見町には神楽があるのは我が葛窪区以外では2集落のみである。また葛窪区の神楽は町の無形文化財に指定されている。
代々、保存会の会長は1年こっきりであり、区役員の総務部長(区長歴任後、翌年の役職)が当たることになっている。私は昨年会長であった。先月保存会の総会を行い新会長に引き継ぎ新体制で2週間前から神楽舞の練習をしていた。ところが先週末会長の親が亡くなり祭りごとを指揮できなくなり、保存会で協議の結果、前会長の私が会長代行となってしまった。昨日が最後の練習日。昨年から練習の最後は会長の舞いで打ち上げることを会長の私が提案し私の舞いで打ち上げた。今回も本来ならば私が最後の舞いをしなくてはならないわけであったが、最近腰痛が続いていて悪化させる恐れがあるので、保存会のメンバーで指導的立場にある平出久人さんにお願いした。(本当は自分が舞って後輩たちに華麗な舞いを見せつけたかったなー)。現在の練習に出てくる会員の中では一番の舞い手である。さすがに見事な舞いで締めくくってもらった。
明日は会長代行として指揮しないといけないが、お札配りもしなくてはならない。お札配りは各戸にお札とタオルを配りご祝儀を集める役である。区のそろそろ長老となる人物に役が回ってくる。自分としてはまだ若いつもりであるが・・・。人生そろそろ終盤かなと感じることがもう一つある。小学校の運動会の種目に『太公望』というのがありそれに出場しなくてはならなくなった時。これは釣竿を持ってグランド半周し厚紙で作られた魚を釣ってゴールする競技で、運動会の招待者が出場する。私が最初に出たのが消防団の分団長の時。そして現在議員として毎回出場している。1着になるのは大人げないし、しかしビリになるのは恥ずかしいし、微妙な競技である。しかし私よりだいぶ高齢の方がすいすい魚を釣ってしまうと余計にあせり悪循環となってしまう競技でもある。
今夜は明日の準備を保存会員で行う。明日は天気も良く暑くなるらしい。明日が終わると本当にお役御免となるであろう。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議長です。

最新トラックバック