2013/07/15

「ヘルプ」 ブルーレイ化

ビートルズの2作目の映画「ヘルプ」がブルーレイディスクで6月末発売となった。以前はDVDで見れたがブルーレイ化は初である。私はDVD以前レーザーディスクで持っていた。ブルーレイということで画像がより鮮明になっているのかと思い購入し再生したがそれほどではなかった。今から46年も前の作品であり仕方ないがワイド画面は納得できた。
私がこのヘルプを初めて見たのは44年前18歳の頃だったと思う。場所は東京虎の門、久保講堂(現在は取り壊され新霞が関ビルとなっている)だったと思う。46年前封切られた頃地方にヘルプが来たか覚えがない。当時「ビートルズシネクラブ」というファンクラブの会員で、その定例会で初めて見た。今と違ってなかなか動くビートルズは見ることができず、会場ではポールやジョンが独特の首を振って歌う(フーー)シーンでは会場からキャーキャーの絶叫であった。
映画と同時に発売となったLP「ヘルプ」はレコードだからA面とB面がありA面は映画のサウンドトラックになっている。ちなみにビートルズの不朽の名作と言われる「イエスタデイ」はB面に収められている。やはり昔のレコードは良かったな。A面が終わりひっくり返す作業が楽しかった。A面のサントラでは「ヘルプ」の他「涙の乗車券」などが代表曲だが、私は「ザ・ナイト・ビフォー」「恋のアドバイス」またジョージ作の「アイ・ニード・ユー」が好きだな。
ビートルズ主演の映画は他に「ハード・デイズ・ナイト」「レット・イット・ビー」「マジカル・ミステリー・ツアー」があるが「ハードデイズナイト」はモノ黒。「レットイットビー」はビートルズ終焉のドキュメントでファンとしてはそれほど見たいとは思わない作品である。「ヘルプ」はキラキラ輝いていた最高の時代の作品であった。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議員です。

最新トラックバック