上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
関東インカレ2週目、19日(土)に行われたハーフマラソン、山梨学院大学 井上大仁は日大留学生ベンジャミンに13秒差で2位となった。井上は今年の箱根駅伝では1年生ながら、1区に抜擢され高速レースとなったが、各校のエースに食らいつき、トップと1分10秒差で襷をつないだ。今回の快走で2年生ながら日本人のエースとなった感がある。期待の1年生、谷原は27位であった。
20日(日)に行われた5000メートル、3冠の期待がかかったオムワンバは最後早稲田の大迫に振り切られ2位であった。本格的なレースは初めてであり、今後どこまで進化するか期待が持てる。尚今年佐久長聖から入った期待のルーキー上倉が24位、同じく佐久長聖の先輩、松下は25位であった。
今後は6月30日に全日本大学駅伝の予選会に出場する。予選会は各校8名が2名づつ4組で走り8名の合計タイムで競う。昨年は主力組の故障で予選会突破ならず、連続出場が途絶えることとなった。今年は、オムワンバ、井上以外の6名がどれだけ頑張るかで出場が決まる。予選会突破を祈っている。
pagetop
箱根駅伝から早4か月半がすぎ関東インカレが始まった。山梨学院大学の1年生オムワンバが12日の1500メートル、昨日の10000メートルでともに優勝しました。
箱根駅伝終了時は留学生は区間賞で有終の美を飾ったコスマスで最後。今後は日本人のみで戦うという一部噂も流れたが、やはりケニアから強力な助っ人がやってきました。昨日の10000メートルはレース経験がない中、序盤は7,8番手から様子を伺い残り3周で首位に立ってそのままゴール。今年の箱根駅伝優勝の立役者、東洋大学の設楽兄弟をぶっちぎりで引き離した潜在能力は計り知れない。
とかく留学生を使うことに異論を唱える関係者がいるが、優秀な高校生が東京の有名大学にスカウトされるためそれに対抗するにはこれしかないのです。また駅伝ファンは山梨学院大学の留学生を見たいのが本音です。
この2種目優勝で山梨学院大学の1部残留がほぼ決まりましたので、陸上ファンの中には20日の5000メートルは出場せずに全日本大学駅伝の予選会に力を温存するのではという見方もあるようですが、上田監督は「スピードと持久力がある。各校のエース級が出場する5000メートルでどこまで走れるか楽しみ」と言っていますので20日のレースが楽しみになってきました。ひょっとするとモグス並みの力があるのではと期待が膨らみます。
pagetop
今年も箱根駅伝が終わった。毎年味わう、明日から仕事だという虚脱感。だが今年は無職なのでそれほどでもない。結果は東洋大学の圧勝だった。山梨学院は復路6,7区が区間18位、15位とブレーキ。往路6位とシード濃厚が赤信号となってしまった。しかし8区牧野が区間6位の快走。9区主将、松枝も体調完璧でない中、区間10位で踏ん張り、最終アンカー尾崎もなんとか襷を大手町に運び結果総合9位とシード権を確保した。やれやれ。選手の皆さんお疲れ様でした。シード確保したといっても来年はコスマス抜き。来年は留学生を入れない方針のようなので、相当な奮起が必要と思われる。がんばってほしい。
ところで、久石譲作曲の箱根駅伝テーマ曲「Runner of The Spirit」がファンの間で不評である。以前は、ネバーエンディングストーリーのサントラ「喜びの飛行」がテーマ曲で、いよいよ箱根駅伝が始まると高揚感に包まれ、1月3日、終了後TVのエンディングに、トミーヤングの「I Must Go」が2日間の名場面が映し出される中,感動的な歌唱力で放送が終了した。これを聞くと、正月が終わったな、明日から頑張ろうという気になったものだ。確かに久石の曲は駅伝にまったくマッチしていない駄作である。日テレ担当者もそう思っているらしいが、日本テレビとジブリの関係で言えないらしい。
pagetop
第88回東京箱根間往復大学駅伝競走の往路が行われ山梨学院は1区ルーキー井上が早稲田、大迫に1分10秒差の10位で襷を2区に渡した。2区中村は残念ながら区間18位と後退したが3区コスマスが区間新記録(それまでは早稲田、竹沢が2009年に樹立)をたたきだし勢いに乗った。往路最終5区山登りでは、上田監督から登りの適正ありとエントリーされた松本が期待に応え6位で芦ノ湖のゴールに飛び込んだ。1位東洋大学とは8分26秒差である。東洋大学が驚異的な記録でゴールしたため、一斉スタート(先頭から10分以上経過したチーム)は13校となった。
明日の復路山梨学院は松枝他昨年の経験者がほとんどエントリーされる見込みでシード権確保が期待できるようになってきた。
明日もテレビの前で応援する。
pagetop
第88回箱根駅伝の区間エントリーが発表された。
明治の学生最速、鎧坂が補欠に、同じく駒沢の窪田忍も補欠に。鎧坂は腰痛で全日本も精彩を欠いていた。当日様子を見ながらどこかに配置となりそうである。窪田は明らかに当日主要区間に配置されるだろう。
また、東海の村沢が5区山登りに挑戦し東洋の柏原と対決か、と華々しく話題をさらったが発表は2区。あれだけ駅伝ファンの期待を集めて開けてみたら2区。それはないよ、両角監督。
我が山梨学院は、1区に1年生の井上大仁を抜てき。早稲田の1区は大迫。おそらく飛び出すだろうが井上がどう対応するか。エース、コスマスは3区にエントリー。当初2区という話もあったが、やはり最後の登りに不安があり、昨年区間賞を獲得した3区で稼ぐ作戦である。サプライズは2大会連続1区を務めた主将、松枝を復路のエース区間9区にエントリーしたことだ。9区で追い上げシード確保、あるいは上位に食い込む作戦であろう。
昨年のシード落ちを晴らすべく選手の皆さんには3日笑顔で大手町のゴールに帰ってくることを望んでいます。
pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議員です。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。