FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
9月25~26日、諏訪広域連合議会定例会が開催された。広域連合とは市町村が単独で行うことが困難であったり、事業が広範囲にわたって行われる場合に対処する機関である。主な事業は特別養護老人ホーム、救護施設、介護保険、広域消防などである。
9月の定例会は、前年度の決算認定が主な議題である。その中で25年度末をもって特別養護老人ホーム「恋月荘」が長野県厚生農業協同組合連合会へ移管され広域での最終決算の認定が議論を呼んだ。
25日の議会開催前の全員協議会には移管先となった厚生連富士見高原医療福祉センターの井上統括院長が出席して現状の報告と、今後の新施設の建設構想について説明した。新施設は平成28年までに富士見町境の境小学校の隣接地に計画している。敷地は現在の2倍となる。また現在は4床室の大部屋であるが、新施設はすべて個室のユニットタイプ(個室がいくつか集まってそれぞれグループごとに管理する)となる。また小学校と接しているので児童との交流の場所も設ける。更に敷地が広大であるので農園を設ける、などの構想が語られた。井上院長は以前からこのような施設(老人ホーム、障害者施設など)は人里から離れた場所に造られてきた。しかし、これはおかしい。もっと街中に造り健常者との共存を図るべきだと主張してきた。小学校に隣接することは正に的を得ていると感ずる。
私は福祉環境常任委員会の委員長を割り当てで仰せつかっている。委員会の中では共産党の委員から「全室個室は利用料金が高くなる。大部屋を希望する利用者もいる」「本来公的な機関が施設を持つことの意義が大きい。それを手放したことは認められない」などの意見が出され認定には反対したが採決では賛成多数で認定された。
共産党の皆さんが言うように「恋月荘」をこのままの状態で維持していたらどうなっていただろうか。施設はすでに40年が経過し、その中で生活することは劣悪な環境状況である。入居したまま建て替えるには別の場所でなければならず、現在の広域連合にはそれだけの資金はないに等しい。富士見高原医療福祉センターは病院以外に特養、グループホーム、老人保健施設4施設、を運営しており福祉施設運営に関しては長野県でもトップクラスである。また医療面でのサポートが充実され入居者が安心して生活ができる。計画では診療所も併設する。
共産党議員は弱者(低所得者)切り捨てと言うが大部屋希望者には系統で運営している特養(こちらは大部屋有)または老健へ一時的に入居してもらうなど対応は十分可能であるとの説明もあった。
厚生連への移管は結果的に最善策だったと考える。
pagetop
1時間ほど前、山梨学院大学陸上部、上田誠仁監督からメールが入りました。
明日(29日)日本テレビ朝8:00~の『スッキリ』で山梨学院大学陸上部の特集があるそうです。たぶん9時頃からの放送だそうです。
明日その時間は、議会運営委員会がありますので、録画予約しました。いよいよ駅伝シーズンが迫ってきました。先ずは9月5日~7日、日本インカレがありまして山学から主要メンバーがエントリーされています。そして10月には箱根予選会、11月全日本大学駅伝。今年は期待できます。夏合宿の成果はどうだったのか、今から楽しみです。
pagetop
8月16日、旬彩美酒『庫楽』に行ってきました。『くら』と読みます。小淵沢にありまして食通仲間では和食の名店です。この時期小淵沢界隈(インターを降りて八ヶ岳方面へ上がったあたり)はリゾート客で大変なにぎわいです。和食、蕎麦、イタリアン、炭火焼肉、北欧レストラン、中華が点在しどこも食事時は行列を作っています、今回、お邪魔した『庫楽』は夜は予約制です。そして今回はキャンセルがありまして行くことができました。(3回目です)
コースを堪能しました。まず先付は、食べる冷制コーンスープ、雲丹が入った冷たいスープでした。向付(お造り)、鰹・鳥貝・鱸・もう一品でした。揚げ物は鮮魚とズッキーニの唐揚げ、柚子風味の焼きナス餡かけ。これは絶品でした。そして焼き物、甲州の三種盛り、甲州ワインビーフ・富士桜ポーク・鶏肉(名前忘れました。すみません)これも最高。特に富士桜ポーク、名前忘れた鳥、うまい!!食事はこれもびっくり、なんと冷やしトマトの茶漬け。トマトをジェル状にすりおろした冷たい茶漬け。それにサワークリームとミントの香り。まさに絶品でした。最後はデザート。すみません、この頃は酔いが回っていてデザートの内容、報告できません。
御主人は以前ホテル『リゾナーレ』の和食レストランにいた方です。今のリゾナーレはイタリアンだけになって寂しいなと私も同感、話しました。御主人の料理のレパートリーは広く、ネットの食情報サイトでも高い評価を得ています。またお邪魔したいです。御馳走様でした。気持ちよく酔ってしまい写真ありません。
pagetop
健康教室

昨日、富士見高原病院で公開講演会が行われた。「糖尿病・メタボを解決する食事療法」 -糖質制限食の有効性と可能性- (財法)高雄病院理事長 江部康二氏が講演された。
200名以上が受講した。私も糖尿病と診断され主治医からも受講を勧められていた。私の状態だが高血糖、HbA1cが正常値を超えているということで糖尿病という診断が下されている。尿からは糖は検出されていない。だから、本当に糖尿病なのか半信半疑である。
当然最初栄養士から食事指導は受けた。だがほとんど守られていない。しかしA1cは6.2~6.5位で主治医からはよくコントロールされていますね、と言われている。前回の定期検査ではなんと5.9と正常範囲までになった。この理由は農作業(土手の草刈り)の賜物と思っている。
前置きはこのくらいで。講演の内容は以下のとおりである。今まで糖尿病の食事指導はカロリー制限であった。糖尿病の程度により1日あなたは何カロリーと決められていた。もちろん糖質、脂質は控える内容であった。しかしアメリカで動物の肉による脂肪摂取率を低くしても糖尿病は減らないことが分かった。問題は炭水化物に含まれる糖質である。そこで江部氏は糖質制限食こそが糖尿病に効果があると力説した。具体的には『主食』を食べない。米飯・麺類・パンなどの主食を止めることだそうである。おかずのみ食べる。糖質制限食は3パターンあり、1.スーパー糖質制限食(三食とも主食なし) 2.スタンダード糖質制限食(朝と夕は主食抜き) 3.プチ糖質制限食(夕だけ主食抜き、どうしてもデンプンが大好きな人に)だそうだ。もちろんスーパーが効果抜群だそうだ。黒毛和牛の霜降りサーロインステーキを食べても問題なしだそうである。また迷信だと思われていた、「日本酒はだめだが焼酎なら飲んでもよい」これは迷信でなくそのとおりだ。また体に良いと思われた牛乳はよくない。チーズ、バターを摂る方がよいそうだ。
以上が主な内容。日本のコメ文化を否定する話であった。しかしよく考えてみよう。我が家でも昔はご飯を三食とも3杯食べていた。両親とも90歳を過ぎたがいたって健康である。急激に主食抜きなんて実行しない方が無難かな。
今日は土用の丑の日、うな重は食べられないのか。カレーライスも食べられない。寿司は・・・、松茸ご飯は・・・、ラーメンは・・・、炒飯は・・・、ナポリタンは・・・、オムライスは・・・、稲庭うどんは・・・、ざる蕎麦は・・・、これらが食べられなくなる。寿司屋のカウンターでは「大トロ、シャリ抜きで」と注文しなくてはいけない。こんな人生考えられますか?
でも先生の話は綿密なデータを基に組み立てられていて納得せざるを得ない。しかし質疑のなかで糖質制限食を実行しているが痩せてきた、力が出ない、というのが気になった。
pagetop
昨日、7月6日、恒例の祇園祭が行われた。朝6時30分に集合し獅子舞の道具を軽トラックに積み込み、区の神社(神明社)に向かった。神社の拝殿で区長が神楽の奉納を行った。その後舞を希望する家を回り家の中(座敷等)で獅子舞を保存会のメンバーが交代で担当した。
今年新たに『あかね平』、ここは他から移り住んでいる世帯や別荘として使っている家が集まっている地域で、道路の広い場所で住人が見守る中、舞った。
あかね平

その後葛窪に今年オープンした蕎麦店『喜蕎八』で舞った。舞ったのがちょうど昼時で店内には何組かの客がいて、従業員といっしょに舞を観賞してもらった。
蕎麦店で舞う

慣例で昼食は区長の家でいただく。回った家では酒がふるまわれ、区長の家に着くころには相当出来上がっている。しかし午後2時30分から敬老会を兼ねたお祭りに奉納するため研修センターに到着しなくてはならない。いつまでも区長の家で御馳走になっていたいが、重い腰を上げて残りの民家を回った。
今年は梅雨の合間の好天に恵まれ無事終わることができた。
pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議員です。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。