25日皮切りに26日と2日間住民懇談会が開催されている。本日を含め更に3回予定されている。
懇談会に臨む議員については先日のブログのとおり発言はしない(できない)ことに議会からの申し入れでなったが、それ故、町長のペースで進んでいる。それは仕方ないことであるが。初日は「議会がおかしい」「町長ぜひ進めてくれ」の意見が頻発。町長満面の笑みをたたえている。噂では、賛成の意見を依頼しているとの情報も。昨日(26日)は一変異議を唱える意見も。町長、苦虫をかみしめる表情。すぐに顔に出ておかしい。ポーカーフェイスという言葉ははこの人には無縁である。
さて、説明会資料に気になる部分がある。『地方創生推進交付金、平成27年度に引き続き1,700の自治体との競争を勝ち抜き、前述の3つの補助金を確保(8月初旬決定)』更に町長の口から「日本中で交付金の取り合いになっている」と2会場で説明。
ちょっと胡散臭い話だなと思い、ネットで検索。9月に信濃毎日新聞で「地方創生推進交付金、県内19市中8市どまり」という記事があり、長野県の市のみの話であるが半数が申請していないことが判明している。検索結果、「内閣府地方推進事務局8月2日付け文書「地方創生推進交付金の交付対象事業の決定」を見る。その結果1,742市区町村中、交付申請事業数は627件、また申請自治体数は『サンケイビズ』によると604区市町村であることが判明。僅か34%しか申請していないじゃん。資料、町長の説明嘘っぱちだった。
そして本日庁舎に町長を訪ね、間違った説明はしないように要求。町長は最初自信があったようだが、資料を突きつけると、それは国会議員〇〇氏が300人を前に言った。お前もその場にいたではないか。文句があるなら国会議員に言え、と全く子供みたいな言い訳。また君のように執念深く調べていないと。『執念深い』は前のブログに引用したのでそれがブーメランで私に帰ってきたが。そうです私は執念深く夜中に起きて調べました。住民に説明するにはそのくらい執念深く調べ、正しい情報を伝えるのが町長の役目だろうと、言いました。最後は「その部分削除するよ」と小声で渋々言っていました。
町長も最近私のブログの存在が分かったらしく、「まったくあのやり方はないよ」と不満げでした。
これからも真実を書きます。と宣言してきた。
pagetop
昨日全員協議会が開催され、町長から要求のあった住民懇談会で議員から積極的に意見を述べること、また住民から意見を求められたときは意見を述べることについて議員全員から意見を求めた。冒頭私からまず考えを述べた。今回の町長の要求は拒否する。理由は前回のブログで述べたとおり。その後議員からは「懇談会で住民にも説明しろ、というのは議会干渉」「町と住民の懇談会であり、議会報告会ではない」「住民懇談会で町長が課長に意見を求めることはある。それは町長の部下であるから。しかし議員は町長の部下ではない。二元代表制を全く理解していない」「町長の考えに踏み絵を踏ませようとしている」「住民懇談会には町長に批判的な住民が集まる傾向にある。そこで町長から議員への圧力を感じ、余計に熱くなるであろう」「まったく議会軽視、議会無視の態度だ」等の意見が続出し、出席者全員(2名欠席,内1名は筋金入りの反町長派)町長の要求はきっぱり断ることで意見が一致した。
そして本日、昨日の結果を町長に報告した。町長は当然納得できない様子であった。9月議会、討論の録音を起こし、反対した議員の内容を住民に明らかにして、そのことに対する反論をするそうだ。そして反論に対する住民からの意見が出たら議員に回答を求める段取りだったらしい。しかし議員からの発言は一切いたしません。また住民懇談会冒頭、進行役から「議員が参加していますが、議員は発言を控えてください」と従来の方式どおり必ず言うこと。と念を押した。
町長は「行政と議会は車の両輪」とよく言われる例えを引き出し、議会と町が違う方向に離れていくときに議長は斡旋に乗り出すべきだ、とまだ懲りないことを言い出した。全然そういうことをしようとしないと、またまた私への批判。更に「町を悪くしたいのか」だって。
もうこの人と真剣に話をするのはやめたほうが良いのではなかろうか。引きずり込まれてしまう恐れあり。
pagetop
10月14日、またまた町長から電話。今度は何か。「10月末から町内5か所で開かれる住民懇談会にITアプリ開発がいかに町にとって有益・必要かを説明し町民の意見を聞き臨時議会に上程するか決める」「そこで議員にも多数出席してもらいたい。従来の懇談会は議員は意見を述べることができなかったが、今回は積極的に発言してもらいたい」「住民から意見、質問が出たら議員に振るから答えてもらいたい」というような内容。
町長の目的は最初に町長が町にとってどうしても必要で、これが否決されると富士見はダメになってしまう(いつもの口癖)と訴え、その後議員に自身の考えを述べさせるわけで、町民の目の前で踏み絵を踏ませること。また町長に反対の議員をさらし者状態にすること、これが目的と思われる。
住民懇談会は従来から町の説明を町民にして意見を聞く会。議員はその様子を見守り民意を汲み取る場所であったはずだ。それが議員に考えを述べさせ、また町民と討論しろと言っている。それは議会報告会で行うことでまったく町長は目的を理解しようとしていない。また二元代表制の意味を全く理解しようとしていない。「議員は俺の下にいる奴らだ」との考えがいまだ抜けていない。
この件は20日に開かれる全員協議会に報告し議員の考えを聞き、結論を、町長に住民懇談会へ臨む態度を表明する。その結果をまたアップします。
pagetop
9月16日にアップしたブログで報告した修正案によって否決したスマホアプリ開発の件を町長は臨時議会を開いてでも、議会を通したいらしい。先日町長から電話があり「アプリは富士見町にとってどうしても必要である。これができないと富士見町はダメになる」「ここは議長に一肌脱いでもらいたい」何を言うのかと思ったら「反対している議員を集めて説得してもらいたい。いくら説得しても無駄な二人を除いて」「町から離れた人目につかない場所で(具体的に店の名前まで言われた)一席設け調整してもらいたい」「以前の議長も難題の時はそうして調整した」そうしないことが議長の役目をしていないと露骨に私に言いました。また「そうしないことに不満を言っている議員がいる」と更に私に脅しをかけてきました。
そこで「議長は中立であることは基本中の基本、町長の言うようなことは一切いたしません」「説得したいのなら町長か不満を持っている議員が説得すればよいでしょう」と突っぱねました。しかし往生際が悪く更に「どこの議長も行っている。やらないのは富士見の議長だけだ」と言いました。この言葉は他の市町村の議長に対する侮辱でとんでもない発言です。町長は議長という役職は執行部側についていて、更に私が町長の見方であり、なんでも言いなりになると思っていたらしい。
以前から議案を通すために電話をかけまくることがあり議会への不当介入だと議員から指摘されていたのに・・・・全く懲りないおっさんだ。
pagetop
ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞にはぶったまげた。正直そういうのも有りなんだと思った。粋な計らいとも言える。確かにディランはすごい。確かに彼の詞は独特で反体制志向のプロテストソングであった。しかし私は詩の意味はそれほど吟味もしなく、どちらかというと曲が好きであった。好きな作品は好きな順に、1位ライク・ア・ローリングストーン 2位オール・アローン・ザ・ウォッチタワー 3位ジャスト・ライク・ア・ウーマン 4位アイ・ウォント・ユー 5位ラブ・マイナス・ゼロ こんな感じかな。オール・アローン・ザ・ウォッチタワーはジミ・ヘンドリックスがカバーしていて、これが一番素晴らしい。
彼は生ギター一本とハモニカでプロテストソングを奏でていたが、1965年ニューポート・フォークフェスティバルで突如ロックバンドを従え、自らもエレキギターで演奏を始めた。それが熱烈なファンから大ブーイングを浴びせられ、いったんステージを降りる。その後アコースティックギター一本で再登場し、過去の音楽との決別を示唆するかの「イッツ・オール・オーバー・ナウ・ベイビー・ブルー」を涙ながらに歌ったという逸話はディランを語る上では重要なポイントである。その後ロックに突き進んでいくのである。
pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議員です。

最新トラックバック