上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
6月29日という日はビートルズファンには特別の日である。
1966年のその日ビートルズがやってきたのである。当初6月28日の予定であったが、台風が接近したため翌日の朝3時44分羽田空港に着陸した。今から45年前私が高校1年生の時であった。
同年3月頃ビートルズ来日が決定されると日本中が大騒ぎになった。演奏会場が武道館でということになったが、当時のオーナー正力松太郎は「ペートルなんとかなんてものに神聖な武道館を貸すわけにいかない」とか、学校では公演を見に行く生徒は退学にするぞとか、とにかく大騒動であった。
チケットは、スポンサーがライオン油脂でありライオン歯磨きのパッケージを送って抽選で当たると購入できた。
7月1日の公演が日本TVで夜放送された。特番になっていて最初羽田に到着したシーンから始まった。日航のハッピを着た4人がタラップから降りタラップの下に用意されたキャデラックに乗り込みそのまま首都高をパトカーに先導され東京ヒルトンへ着いた。入国審査なしというまさに国賓級の扱いだった。そのシーンに「ミスター・ムーンライト」が流れ印象的あったのを今でも鮮明に覚えている。
演奏は「ロック&ロール・ミュージック」のオップニングから最後「アイム・ダウン」までたったの11曲しかもアンコールなし賞味30分あまり、という今では考えられないコンサートであった。当時は家庭用ビデオなんて当然ない時代、高校の同じクラスのやつが、TVの画面を写真に撮って,またオープンリールのテープレコーダーでTVのスピーカーから録音してそれをもらい、しばらく宝物にしていた。
その後1992年にレーザーディスクで東京公演が発売された。それを持っている(自慢)DVDでの発売は今後一切ないと聞いている。レーザーディスクプレーヤーが現在生産されていないので自分のデッキが壊れると永久に見ることができない。但し現在ユー・チューブで見ることができます。
45年経過し、ジョンレノン、ジョージハリスンは亡くなり自分も60歳となってしまった。しかしビートルズ神話は永久に生き続けるだろう。
武道館ライブ レーザーディスク
pagetop
今日は2か月に1度の内科定期受診日である。9時に採血。10時30分頃医師の説明があった。
糖尿病、高脂血、高コレステロール、高尿酸値、高血圧、緑内障、これが私につけられた病名である。
一番心配な糖尿病、ヘモグロビンA1c値は今回なんと6.1であった。昨年10月、6.8から徐々に下がりこの数値。実は今年1月から新薬ジャヌビア(万有製薬)を処方されている。この薬が効いているのか。退職後は必ず3時のティータイムがあり、俺、結構アイスクリームや饅頭食ってるよな。
今日これから懇親会に行ってきます。私が現職中の健康保険組合が私の送別会を行ってくださるそうです。退職後3か月も経過して招待してくださる。さすが県内でも優良健保組合である。
今日は思いっきりごちそうになってきます。万有製薬さんが体守ってくれますよね、〇代〇章先生(主治医)
pagetop
本日、全日本大学駅伝関東地区予選会が国立競技場で行われました。
山梨学院大学(以下山学)は昨年9位ということでシード権を落としてしまいました。過去24年連続出場でそのうち、準優勝11回を数え、なぜ優勝できないのか七不思議とも言われていました。
今も語り草となっている94年第26回大会。最終8区、10秒ビハインドで山学、中村祐二が怪童早稲田の渡辺康幸にすぐに追いつき延々と併走を続けた。最後力尽きたが区間新で走破した。また最近では同じく8区山学モグスがシード落ち確実かと思われたが、なんと55分32秒というとてつもないタイムをたたき出し終わってみればシード確保という結果。いつも主役は山学でした。
しかし今日の予選会。残念、予選会突破ならずでした。松枝、コスマス以外主力が故障で勝負になりませんでした。
10月箱根の予選会は夏合宿で鍛え是非とも本選出場を果たしてもらいたいものです。
pagetop
今日スピルバーグの「SUPER8」全国一斉に封切られた。話題の映画だ。見るつもり。
最近映画館で映画観てないな。スピルバーグなら自分のベスト5は 1位やはり「ET」だろう。2位「未知との遭遇」3位「ジュラシックパーク」4位「シンドラのリスト」5位「激突」かな。
ちなみにスピルバーグ以外なら1位「愛情物語」タイロンパワー、キムノバク主演 2位「スティング」3位「クレオパトラ」エリザベステーラー、リチャードバートン主演 4位「サイコ」 5位「ジョニーは戦場へ行った」
こんなとこかな。急いで書いたからまだ好きな映画いっぱいあるな。1位の「愛情物語」は映画館で大泣きした覚えがある。生涯永久に1位の気がする。
またいつか映画の事書くわ。
pagetop
「富士見町国民健康保険条例の一部を改正する条例」が上程され賛成多数で可決されました。
そもそもこの条例は、6月の定例会に上程されましたが、前年比23.6%の大幅な伸びで議会で否決された条例です。
今日は、議案説明の後議員全員で構成されている特別委員会で審議され委員会では様々な意見が出ましたが委員全員一致で可決されました。ただし本会議では委員会の委員長は一議員として反対しました。
内容は前年比11.5%の保険料値上げをするというものです。6月の議会提案の半分ということであの提案はいったいなんだったんだろうという感じです。
昔、中曽根康弘が使った手法に似ていると私は思いました。それはおよそ受け入れられないような法案をドーンと出し、当然猛反発を食らうわけですがその後少し後退させ、まあしょうがないかと思わせ法案を通してしまう。
この手法かな。
pagetop
プロフィール

加々見保樹

Author:加々見保樹
山梨県との県境、長野県富士見町葛窪の住人
現在富士見町議会議員です。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。